教育環境のコンピュータ利用案内 山口地区
 トップ > マニュアル > 迷惑メール対策方法 > Outlook Express での迷惑メール対策方法
Outlook Express での迷惑メール対策方法

Outlook Express で迷惑メールを自動的に振り分けるには、送信者や件名をもとに迷惑メール用の振り分けルールを作成し、受信時に振り分けるようにします。

なお、ここでは、必要なメールを間違って消さないようにするため、振り分けた際に専用フォルダに移動するように設定していますが、移動先として直接ごみ箱を指定することも可能です。

Outlook Express を使用している場合の迷惑メール対策方法は、以下のようになります。
なお、以下の説明で指定している送信者のメールアドレス、件名、メッセージ本文のキーワード等は、迷惑メールのひとつの例です。この例と同じ指定を行ったとしてもすべての迷惑メールが指定されるわけではありませんので注意してください。
実際に指定する送信者メールアドレス、件名、本文キーワード等は、届いた迷惑メールを元に各自で判断して追加する必要があります。

  1. 迷惑メール移動用のフォルダを作成します。
    「ファイル」メニューから「フォルダ」>「新規作成」を選択します。
    ここでは、フォルダ名を「迷惑メール」として作成します。

  2. 迷惑メールの振り分けルールを設定します。
    「ツール」メニューから「メッセージルール」> 「メール」を選択します。

  3. メールルールがまだひとつも無い状態の場合、この時点で新規メールルール作成画面が表示されます。
    既にメールルールが設定されている場合は、一覧が表示されます。
    以下のような一覧が表示された場合は、「新規作成」をクリックしてください。

  4. 迷惑メールを振り分けるために、メールに含まれる「件名(Subject)」や「送信者(From)」を利用して、迷惑メールを選別します。
    以下のように、迷惑メールを振り分けるルールをひとつずつ作成していきます。
    • 送信者(From) を利用する
      ここでは、送信者が well_will9@yahoo.co.jp であるメールを迷惑メールとして振り分けるルールを作成します。
      1. 新規のメールルールの指定で、以下のように指定します。
        • 1. ルールの条件: 送信者にユーザが含まれている場合
        • 2. ルールのアクション: 指定したフォルダに移動する
        • 4. ルール名: 迷惑メール(送信者)

      2. 3. ルールの説明にある「ユーザーが含まれている」という下線付き文字をクリックします。
        ユーザーの選択画面が表示されるので、振り分けるメールアドレス(ここでは(well_will9@yahoo.co.jp)を入力して「追加」をクリックします。

      3. 下の「人」の欄に入力したメールアドレスが追加されたことを確認して「OK」をクリックします。

      4. 新規のメールルール作成画面に戻り、3. ルールの説明に入力したメールアドレスが表示されています。
        次に、同じく 3. ルールの説明にある「指定したフォルダ」という下線付きの文字をクリックします。

      5. 移動先選択画面が表示されるので、「迷惑メール」を選択して「OK」をクリックします。

      6. 新規のメールルール作成画面で、選択した「迷惑メール」フォルダが表示されていることを確認し、「OK」をクリックしてください。

    • 件名(Subject) を利用する
      ここでは、件名に「完全無料サイトのご紹介!」を含むメールを迷惑メールとして振り分けるルールを作成します。
      1. 新規のメールルールの指定で、以下のように指定します。
        • 1. ルールの条件: 件名に指定した言葉が含まれる場合
        • 2. ルールのアクション: 指定したフォルダに移動する
        • 4. ルール名: 迷惑メール(件名)

      2. 3. ルールの説明にある「指定した言葉が含まれる」という下線付き文字をクリックします。
        単語の入力画面が表示されるので、ここでは「完全無料サイトのご紹介!」を入力します。

      3. 下の「単語」の欄に入力した文字列が追加されたことを確認して「OK」をクリックします。

      4. 新規のメールルール作成画面に戻り、3. ルールの説明に入力した文字列が表示されています。

      5. 送信者でのときの設定と同じように、「指定したフォルダ」をクリックして「迷惑メール」フォルダを選択し、3. ルールの説明に正しく表示されたことを確認して「OK」をクリックします。

    • メッセージ本文を利用する
      ここでは、メッセージ本文に「http://5596.jp/」を含むメールを迷惑メールとして振り分けるルールを作成します。
      1. 新規のメールルールの指定で、以下のように指定します。
        • 1. ルールの条件: メッセージ本文に指定した言葉が含まれる場合
        • 2. ルールのアクション: 指定したフォルダに移動する
        • 4. ルール名: 迷惑メール(本文)

      2. 3. ルールの説明にある「指定した言葉が含まれる」という下線付き文字をクリックします。
        単語の入力画面が表示されるので、ここでは「http://5596.jp/」を入力します。

      3. 下の「単語」の欄に入力した文字列が追加されたことを確認して「OK」をクリックします。

      4. 新規のメールルール作成画面に戻り、3. ルールの説明に入力した文字列が表示されています。

      5. 送信者でのときの設定と同じように、「指定したフォルダ」をクリックして「迷惑メール」フォルダを選択し、3. ルールの説明に正しく表示されたことを確認して「OK」をクリックします。

    • 送信者を禁止する
      ここでは、指定したメールの送信者を禁止されたユーザの一覧に追加し、その送信者からのメッセージを自動的に削除する方法を説明します。
      1. 禁止する送信者からのメールを選択し、「メッセージ」メニューから「送信者を禁止する」を選択します。

      2. 禁止されたユーザの一覧に追加されたことを告げるメッセージが表示されます。
        選択しているメッセージをそのまま削除する場合は「はい」を、今はまだ残しておく場合は「いいえ」をクリックします。

      3. 禁止された送信者は、「ツール」メニューから「メッセージルール」>「禁止された送信者の一覧」を選択することで確認できます。

      4. 禁止された送信者の画面では、間違って追加してしまったメールアドレスの削除や、禁止するメールアドレスを直接追加することなどが出来ます。

  5. 以上で、Outlook Express での迷惑メール対策の設定は終わりです。
    次にメールを受信したときに、設定したメッセージルールに従って自動的に処理されます。
    迷惑メールが届いたら、その特徴からメッセージルールを追加していくようにします。
    迷惑メールフォルダには迷惑メールがたまっていくので、定期的に削除してください。
    なお、設定を間違えると必要なメールも迷惑メールフォルダに移動されてしまうので、削除する前に正しく動作しているかを確認してください。

BACK